コンテンツにスキップする

アックマン氏のSPAC、1-3月末までに標的企業得られない公算大

資産家ビル・アックマン氏が設立した特別買収目的会社(SPAC)、パーシング・スクエア・トンチン・ホールディングス(PSTH)は、独自に設定した期限までに買収標的となる企業を見つけられない公算が大きい。しかしアックマン氏はいずれ買収が成立した場合には2社目のSPAC設立を既に視野に入れている。

  アックマン氏は1ー3月(第1四半期)末までにPSTHの買収標的となる企業を見つけたいとしていたが、時間切れになっていることを明らかにした。

  同氏は投資家に宛てた29日の書簡で「以前は今四半期末までに何らかの取引を発表できると確信していたが、そのような状況にはならないだろう」と説明。「PSTHの取引を巡る進展については、確かな合意が得られるまで発表する意向はない」と明らかにした。

原題:Ackman Says SPAC Will Likely Miss First-Quarter Target for Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE