, コンテンツにスキップする

金融庁幹部:まずは適切に後処理を、野村HD多額損失の可能性で

金融庁の幹部は29日、野村ホールディングスの米子会社で多額の損失が発生する可能性が生じたことについて、ポジションはまだ残っていると指摘した上で、まずは適切に後処理をすることが重要との認識を示した。

  庁内でブルームバーグなど一部記者団に対し、同庁の方針に基づき匿名を条件に述べた。同幹部は、適切な後処理後にリスク管理などについて話をすることになるとも述べた。

関連記事:
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE