, コンテンツにスキップする

世界の金融ハブ、ワクチン接種でNYとロンドン巻き返し-東京出遅れ

  • 接種を1回受けた住民の割合はロンドン約30%、ニューヨーク23%
  • 世界の金融センターはグローバル人材の自由な流れに依存

世界の金融センターの中でも新型コロナウイルスによる打撃が特に深刻だったロンドンとニューヨークだが、ワクチン接種競争では他の都市に先行している。

  3月24日時点の最新データによると、少なくとも1回のワクチン接種を受けた住民の割合では、ロンドンが世界の各都市を上回っている。一方、これまで感染者数が相対的に少なかった香港や東京は大きな後れを取っている。

U.K. PM Johnson Faces Calls to Ease Curbs as Vaccination Milestone Hit

2月初旬、ロンドンのワクチン接種センターを訪れる住民

写真家:ジェイソン・アルデン/ブルームバーグ

  ロンドンでは、ワクチン接種を1回済ませた人は約290万人。人口の約30%に相当し、ニューヨークの同23%を上回る。この比率はシンガポールが13%、パリが12%となっている。

Care For The Homeless Distributes Covid-19 Vaccines

ニューヨーク市内で行われたJ&J製ワクチンの接種(25日)

写真家:Angus Mordant / Bloomberg

  しかし、別の重要な指標では、ニューヨークがロンドンに先行している。ワクチン接種プログラムの完了者が人口に占める割合はニューヨークが11%であるのに対し、ロンドンは2.3%。ニューヨークは今月に入り、接種が1回で済むジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチン使用を開始した。

ウォール街、在宅勤務時代の終焉視野に-ワクチン接種加速で

Road to Immunity

Comparing global financial hubs in their first-dose vaccine rollout

Source: Government websites, latest data as of 1 p.m. HKT on March 24

Note: Shanghai's figure is a calculated number, as the city only reports total doses given and number of people who completed two doses.

  ワクチン接種競争は、資本とグローバル人材の自由な流れに依存する世界の金融センターで特に重要な意味を持つ。人口の大部分にワクチンを接種することは、経済活動などの正常化に向けた切り札だ。

香港金融業界、厳格なコロナ対策に懸念強める-他都市に人材流出も

Hong Kong Suspends BioNTech Vaccines on Packaging Defect

  香港で一時閉鎖となったビオンテック製ワクチン接種センター(24日)

写真家:カイルラム/ブルームバーグ

  上海は1回のワクチン接種を受けた人の割合が人口の6.2%にとどまる。ただ、この数字が低いのは、人口が2400万人余りと、ロンドン、パリ、ニューヨークを大幅に上回ることも考慮に入れる必要がある。中国は6月末までに人口の40%にワクチンを接種することを目指している。

  東京の数字は、日本でまだ広範なワクチン配布が始まっていないことを反映している。これまでのところ、日本で1回目の接種を受けた人の割合は人口の1%に満たない。

参考記事
イスラエルが大躍進、ワクチン成果-コロナ時代の安全な国番付 (訂正)
ファイザー製ワクチン、1回接種だけで「強力な免疫反応」-英研究
コロナ禍でマンハッタン去った住民、さほど遠くに転居せず-近郊中心

原題:
New York, London Beat Asian Finance Hubs in Race to Vaccinate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE