, コンテンツにスキップする

独コメルツ銀、監査役会の新会長を指名-経営トップ巡る混乱の中で

コメルツ銀行は、DZバンク出身のヘルムート・ゴットシャルク氏を監査役会の新会長に指名した。同行の再編を阻む恐れがある経営トップを巡る問題に迅速に終止符を打つことを目指す。

  コメルツ銀はゴットシャルク氏を監査役会の新メンバーとして提案し、年次株主総会で指名された直後に会長に選出する方針だと、28日の発表資料で説明した。

  既に大規模な再編計画に取り組んでいるコメルツ銀は、最近の監査役会を巡る危機から脱することを目指している。今月に入りハンスイェルク・フェッター監査役会会長が健康上の理由で辞任したほか、アンドレアス・シュミッツ氏も25日に監査役会メンバーを突如辞任した。

  その結果、コメルツ銀は当初5月5日に予定されていた年次株主総会を延期した。同行は新たな日程を発表するため、シュミッツ氏の辞任で空席になった監査役会メンバーのポストについても、早急に後任を見つけたいとの考えを示した。

原題:
Commerzbank Nominates New Board Chairman Amid Turmoil at Top (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE