, コンテンツにスキップする

ゴールドマンのブロック取引、フアン氏扱い巡る方針転換が発端か

更新日時
  • タイガー出身フアン氏のオフィス、大規模なマージンコールの渦中に
  • ゴールドマンはフアン氏を注意人物リストから削除、多額の信用提供

ゴールドマン・サックス・グループは2018年後半までは、元ヘッジファンドマネジャーでインサイダー取引で有罪を認めた経歴のあるビル・フアン氏との取引は危険だとして断っていた。しかし、そうした危惧は長続きしなかった。

  ウォール街の一流投資銀行であるゴールドマンは、フアン氏のような大金を賭ける「クジラ」が同業者に支払う年間数千万ドルの手数料に魅せられ、同氏の名前を取引注意人物リストから削除し、主要顧客とすることを認めた。モルガン・スタンレーやクレディ・スイス・グループなどと同様、ゴールドマンもフアン氏に数十億ドルの与信を行い、中国の百度(バイドゥ)や米メディア企業のバイアコムCBSなどの株式への大きくレバレッジを効かせた賭けを可能にした。

  こんなフアン氏は今、史上最大級のマージンコールの渦中にあり、同氏の巨大ポートフォリオは厄介で痛みを伴う清算過程にある。ゴールドマンはファン氏の扱い方を転換した結果、この騒ぎに巻き込まれた格好だ。

Tiger Asia Management Said to Plan Fraud Charge Guilty Plea

ビル・フアン氏

  事情に詳しい関係者2人によれば、フアン氏は26日、200億ドル(約2兆2000億円)余り相当の株式処分を複数の金融機関から迫られた。極めて大量のブロック取引が慌ただしく行われたことを投資家は前代未聞の事態と呼んだ。

  ゴールドマンは26日遅くの顧客宛て電子メールで、同行が実際にブロック取引で株式を売却した銀行の1つだと明かし、計105億ドル相当の取引を詳述した。電子メールはブルームバーグ・ニュースが確認した。フアン氏やアルケゴスの名前はメールで触れられていなかった。

  ゴールドマンとモルガン・スタンレー 、クレディ・スイスの担当者はコメントを控えた。フアン氏やアルケゴスに取材を試みたがコメントは得られていない。

レバレッジ

  著名投資家ジュリアン・ロバートソン氏のタイガー・マネジメントで働いた経歴のあるファン氏は、自身のヘッジファンドを閉鎖した後、ファミリーオフィスとしてアルケゴスを設立。事情を知るトレーダーによれば、同氏は自己資金の数倍の資金を借りて非常に大きくレバレッジを効かせる形でロング・ショート戦略を採用していたという。

  複数の関係者の話では、アルケゴスのビジネスが他社に回るのを長年見てきたゴールドマンの株式部門幹部らは、フアン氏を顧客にしようと試みたものの、同氏の口座開設は同行コンプライアンス(法令順守)部門に毎回阻止されていた。

  2018年にマレーシアの政府系ファンドの不祥事で評判を落とし、金融危機後の名声回復に取り組み続けていたゴールドマンは、過去2年半のある時点でフアン氏の扱いについて態度を変更。方針転換の正確な要因は依然不明だが、1つ考えられるのは、タイガー・アジアによる08年と09年のインサイダー取引を巡り同社に代わって罪を認めたフアン氏が違法行為から10年を経て、十分にペナルティーを受けたとゴールドマンが判断した可能性だ。また、アルケゴスが多くのヘッジファンドよりも規模の大きいファミリーオフィスとして力を持つようになったこともある。

  結局、ゴールドマンはフアン氏の取引金融機関に加わり、同氏による多数のハイリスク投資を可能にした。その投資が先週、息をのむスピードで崩壊した。

  ゴールドマンだけではなかった。こうした投資が裏目に出たことから、フアン氏のプライムブローカーは証拠金融資の裏付けとして多くの担保を要求。26日午前までには、一部銀行がフアン氏のデフォルト(債務不履行)を宣言する権利を行使し始め、資本回収のため同氏のポジションの清算に動いたことから、他社もすぐに続いたと複数の関係者は語った。

関連記事

原題:Goldman U-Turn on Hwang Put Bank at Nexus of Margin Call Mayhem(抜粋)

(ゴールドマンの方針転換の経緯などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE