, コンテンツにスキップする

株式ブロック取引、タイガー出身フアン氏のオフィスが背後に-関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

タイガー・マネジメントの元トレーダー、ビル・フアン氏のファミリーオフィスが26日の株式ブロック取引の背後にあったと、取引を直接知る関係者2人が明らかにした。

  非公開の情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、ヘッジファンドのアルケゴス・キャピタル・マネジメントは、保有していたポジションの一部がフアン氏にとって不利となったことから、約200億ドル(約2兆2000億円)相当の株式の売却を銀行から強いられたという。

Tiger Asia Management Said to Plan Fraud Charge Guilty Plea

ビル・フアン氏

  関係者らによれば米モルガン・スタンレーは百度(バイドゥ)や跟誰学(GSXテクエデュ)などの株式約130億ドル相当の取引を実施。また米ゴールドマン・サックス・グループは百度とテンセント・ミュージック・エンターテインメント・グループ(騰訊音楽娯楽集団)、唯品会(ビップショップ・ホールディングス)の株式66億ドル相当を米市場の取引開始前に売却した。ブルームバーグ・ニュースが顧客への電子メールで確認した。

  このメールによると、メディア企業のバイアコムCBSと中国の愛奇芸(iQiyi)などの株式39億ドル相当もその後に売却された。

  ファン氏に28日、メールでコメントを求めたが返答は得られていない。ゴールドマンの広報担当はコメントを控え、モルガン・スタンレーの担当者はこれまでに返答していない。

ウォール街に臆測飛び交う-「前代未聞」のゴールドマンのブロック取引

原題:Tiger Cub Hwang’s Family Office Behind Friday Trade Frenzy (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE