コンテンツにスキップする

【新型コロナ】世界の新規感染者、5週連続増-ブリスベン都市封鎖へ

更新日時
  • EU、アストラのワクチン納入遅れればワクチン輸出阻止へ
  • 米バイデン政権高官、コロナ起源に関するWHO報告書草案に懸念

世界の新型コロナウイルスの新規感染者は週間ベースで5週連続で増加した。コロナ累計死者数の増加ペースも引き続き加速している。米国では1日当たりのワクチン接種回数が3日連続で300万回を上回った。

  オーストラリアで人口3位の都市ブリスベンは英国で最初に見つかった変異株の感染拡大を受け、3日間のロックダウン(都市封鎖)に入る。

  インドのムンバイを含むマハラシュトラ州は当局に対し、感染再拡大が抑制できない場合はさらなるロックダウンに備えるよう求めた。

  米バイデン政権高官は28日、新型コロナ感染症(COVID19)の起源に関する世界保健機関(WHO)報告書が作成された方法について、中国政府が執筆に関与した可能性を含め相次いで疑問を呈した。WHOによると、今年初めに武漢に派遣された代表団の調査結果が数日中にまとまる見通し。報告書は今月のもっと早い時期に公表される見込みだった。

新型コロナ起源巡るWHO報告書、米政府高官が作成方法に懸念表明

  メルケル独首相は州の感染抑制の取り組みが不十分だとして、連邦法を用いて感染対策の権限を掌握する可能性があると述べた。同首相は24日、イースター(復活祭)前後の5日間に厳格なロックダウンを実施する計画を撤回していた。同国は感染率が1月の水準に戻る中、より厳しいロックダウンを実施する圧力にさらされている。

  欧州連合(EU)は英アストラゼネカと契約したワクチンの納入が遅れた場合は同社のワクチン輸出を阻止する方針だ。欧州委員会のブルトン委員(域内市場担当)が28日にRTLラジオなどのインタビューで明らかにした

  ジョンズ・ホプキンズ大とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は1億2700万人、死者は278万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチン・トラッカーによれば、世界全体のワクチン接種は計5億3500万回を超えた。

  中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)はブラジルと南アフリカの変異株に対応したワクチンの新バージョンの開発に着手した。

  バイデン米大統領は5月1日までにワクチン接種の対象を全成人に拡大するという自身の目標を大半の州が達成しているものの、ニューヨーク、サウスカロライナ、アーカンソー、ワイオミングの4州は未達だと指摘した。

  中国は中国医薬集団(シノファーム)製ワクチンの製造でアラブ首長国連邦(UAE)と提携する。中国製ワクチンの海外製造は初めて。中東への中国の影響力は増す見込み。

  米国ではCOVID19による1日当たりの死者が27日に758人と22日以降で最少となった。米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データが示した。全米の新規感染者は約6万3000人と、1日当たり30万人を超えていた昨年12月下旬や1月初旬の水準を大きく下回っている。ただ、ニューヨーク州の新規感染者は2月初旬以降では最多の9395人となった。

  ブルトン委員はさらに、EU域内のワクチン接種が進む中、加盟国は観光やレジャー、出張の回復を後押しするため6月中旬からワクチンパスポートを導入すると述べた。

  英国では速やかなワクチン接種とロックダウンによりコロナ死者と入院者が急減している。欧州大陸で感染が再び急拡大する中、英国は模範的なワクチン接種プログラムで感染拡大を防止できるかどうかのテストケースになる。

原題:N.Y. Cases Jump; Merkel Declares Covid ‘Watershed’: Virus UpdateMerkel Threatens Federal Control to Rally German Covid Fight (1)Vaccinated Britain Is About to Face Its Biggest Covid Test Yet(抜粋)

(豪州やインドなどの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE