コンテンツにスキップする

米国債、利回りの行方占う材料あれこれ-米経済パッケージや雇用統計

  • 米政府は最大3兆ドル規模のインフラ関連パッケージ打ち出す公算
  • 3月の雇用統計は4月2日に発表予定、雇用者数は急増が見込まれる

米国債は2016年の予想外の結果となった米大統領選挙以降で最悪の四半期を終えようとしているが、今後の動向を占う材料には事欠かない。

  第一に、米政府は最大3兆ドル(約330兆円)規模のインフラ関連景気刺激パッケージを打ち出す可能性が高い。パッケージには増税が含まれると見込まれ、トレーダーらはそれが景気刺激効果を打ち消す可能性と米国債市場への影響を議論し始めている。

  米国債利回りは新型コロナ流行前の水準まで上昇した後、26日までの週にはやや低下した。オプション市場では利回り上昇に対するヘッジのコストが低下した。今後数日は四半期末の持ち高調整で年金基金からの買いが利回り上昇を抑える可能性があるものの、注目はバイデン米大統領が29日からの週に発表するとしている経済プログラムに集中している。

  MCAPのマネジングパートナー、マイケル・フランゼーズ氏は、「第2の景気対策案で市場が分からないのは税の部分だ」として、「増税はインフラ支出から得られる可能性のあるいかなるプラスよりも害が大きい」と話した。

Yields have retreated from levels last seen in early 2020

  目先は月次および週次の雇用データに基づいて現在の1兆9000億ドルの刺激策の効果浸透度合いを判断し残存7年以上の米国債の売りを再開するかどうかを決めると同氏は述べた。

  4月2日はグッドフライデーの祝日で米株式市場は休場、債券は半日の短縮取引となるが、政府は同日に3月の雇用統計を発表する予定。同月の雇用者数は急増が見込まれている。

  3月27日終了週の米新規失業保険申請件数は4月1日、ADPリサーチ・インスティチュートによる3月の米民間雇用者数統計は3月31日に発表される。

【来週の予定】日銀意見、短観、中国PMI、OPECプラス、米雇用

原題:
Treasuries’ Worst Quarter Since 2016 Ends With Questions Aplenty(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE