コンテンツにスキップする

中国企業ADRが乱高下、米メディア株急落-大量のブロック取引で

  • 1日で約3兆8400億円の時価総額が吹き飛ぶ
  • バイアコムCBSやディスカバリーなどが大幅下落

26日の米株式市場で、中国の大手テクノロジー企業や米メディア企業の株式のブロック取引が大量に行われ、これら企業の時価総額は合わせて350億ドル(約3兆8400億円)減少した。

  事情に詳しい複数の関係者によると、これらの取引は1人あるいは複数の株主のためにゴールドマン・サックス・グループモルガン・スタンレーなどが取りまとめた。ブルームバーグの集計データに基づく計算によれば、一部の個別銘柄の取引は10億ドルを超えた。

  売買高が高水準の銘柄が激しい値動きを見せ、同業他社の一部にも影響が波及した。清算されるファンドが処分売りを余儀なくされたのではないかとの臆測が一部のトレーダーの間で広がった。

  モルガン・スタンレーの広報担当者はコメントを控えた。ゴールドマン・サックスはコメントの要請に返答していない。

  影響を受けた銘柄には、百度(バイドゥ)やテンセント・ミュージック・エンターテインメント・グループ(騰訊音楽娯楽集団)、唯品会(ビップショップ・ホールディングス)など中国の大手企業が含まれる。北米メディア企業のバイアコムCBSディスカバリーも特に打撃を受けた

  愛奇芸(iQiyi)や跟誰学(GSXテクエデュ)のブロック取引が続いたことで、中国企業の米国預託証券(ADR)は乱高下。午前中の売りはアリババグループやネットイース(網易)などにも広がった。

Unregistered offerings in at least nine stocks push shares lower

原題:Block-Trade Bevy Wipes $35 Billion From Stock Values in One Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE