コンテンツにスキップする

北朝鮮、ミサイル試射に関する米大統領発言に「強い憂慮」

  • 李炳哲朝鮮労働党書記の談話を国営朝鮮中央通信が伝える
  • バイデン氏発言は「自衛権に対する露骨な侵害であり挑発だ」と非難

北朝鮮のミサイル試射に対するバイデン米大統領の発言について、国営朝鮮中央通信(KCNA)は27日、李炳哲(リ・ビョンチョル)朝鮮労働党書記の「強い憂慮」を表明する談話を伝えた。

  李書記は「米国大統領のこのような発言はわれわれの国家の自衛権に対する露骨な侵害であり挑発だ」と指摘。米国が影響を顧みずにこのような発言を続ければ、良くない結果を招くと警告し、「われわれは最も徹底した、圧倒的な軍事力を継続して育てていく」とした。

関連記事

バイデン米大統領が北朝鮮に警告、ミサイル試射継続なら対応する

岸防衛相:北朝鮮が発射したのは「新型の弾道ミサイル」-報道

北朝鮮、新開発の戦術誘導弾を試射したと確認-朝鮮中央通信

北朝鮮が弾道ミサイル2発発射、日本のEEZ外に落下-1年ぶり

原題:North Korea Criticizes U.S. Reaction to Test Fire: KCNA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE