, コンテンツにスキップする

バイデン米大統領、中ロ首脳に4月の気候サミット参加を招請

  • 世界の首脳40人に招請状-バイデン政権発足後初の主要国際会議
  • 中ロ首脳との会合はバイデン大統領就任後では初めて

バイデン米大統領は、地球温暖化対策について協議するために主催する4月の首脳会議(サミット)への参加をロシアのプーチン大統領や中国の習近平国家主席を含む世界の首脳40人に招請した。ホワイトハウスが26日発表した。バイデン政権発足後初の主要国際会議となる。

  サミットは4月22ー23日にオンライン形式で開かれる。参加を求められた17カ国は世界の温暖化ガス排出量および国内総生産(GDP)合計の80%を占める。会議の模様はウェブ配信を通じて一般に公開される。

  ホワイトハウスは声明で、「サミットまでに、米国はパリ協定に基づく新たな国別貢献(NDC)として大胆な2030年排出目標を発表する」と説明。「大統領は招請状で各国首脳に対し、より強力な温暖化対策にどのように貢献するか概要を示す機会としてサミットを利用する促した」という。

  米国はトランプ前政権下で地球温暖化対策の国際枠組みであるパリ協定から離脱したが、バイデン政権発足後に復帰した。

  プーチン大統領と習主席が参加すれば、バイデン大統領と両首脳との会合は就任後初となる。

原題:Biden’s Invites to Virtual Climate Summit Include Putin, Xi(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE