コンテンツにスキップする

3月26日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国市況:S&P500最高値、ワクチン展開を楽観-円1年ぶり安値

  26日の米株式相場は上昇。世界的にリスク選好ムードが戻り、S&P500種株価指数は終値ベースの最高値を更新した。ワクチン展開を巡る楽観が支えたほか、大半の銀行について増配の制限を6月で終了する米金融当局の決定が好感された。

  • 米国株は上昇-エネルギーやヘルスケア好調、自動車は安い
  • 米国債は下落、10年債利回り1.67%
  • 円が1年ぶり安値、1ドル=109円台後半-資源国通貨は高い
  • NY原油は反発、週間では下落-ロックダウンで短期需要見通し曇る
  • NY金は反発、ドル下落や利回り上げ縮小で

  S&P500種は終盤に上げが加速し、週間ベースでも上昇した。エネルギーやヘルスケア関連銘柄の好調が目立った。自動車株は世界的な半導体不足の深刻化が意識され、下落した。バイデン米大統領が前日、就任後100日の新型コロナウイルスワクチン接種目標を2倍に引き上げたことが、米国の見通しを明るくした。

  S&P500種は前日比1.7%高の3974.54。ダウ工業株30種平均は453.40ドル(1.4%)高の33072.88ドル。ナスダック総合指数は1.2%上昇。ニューヨーク時間午後4時10分現在、米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.67%。

  ランド・マーチャント・バンクのストラテジスト、ネマ・ラムケラワンバナ氏は、「市場のトーンが不安から楽観に変化した」とし、それは「バイデン大統領がワクチン接種目標を倍に引き上げたことや、米金融当局の配当制限解除が手掛かりになった」とリポートで指摘した。

  外国為替市場では円が下落。リスク選好が優勢となる中、対ドルで一時は昨年3月以来の安値となった。資源国通貨は原油相場の反発を支えに、逃避先通貨をしのぐパフォーマンスを見せた。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。週間ベースでは0.7%上昇した。ドルは対円では0.4%高の1ドル=109円63銭。一時は0.6%高の109円85銭をつけた。ユーロは対ドルで0.3%高の1ユーロ=1.18ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は反発したが、週間ベースでは小幅に下落。一部地域での新たなロックダウン(都市封鎖)措置で短期的な需要見通しが鈍り、スエズ運河での船舶立ち往生の影響が弱まった。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物5月限は、前日比2.41ドル(4.1%)高の1バレル=60.97ドルで終了。週間では1%未満の下げ。ロンドンICEの北海ブレント5月限は2.62ドル高の64.57ドル。

  ニューヨーク金市場ではスポットと先物が反発。週間での下げ幅を縮小した。ドルの下落や米国債利回りが日中の高水準を離れたことを手掛かりに、金の買いが優勢になった。

  ニューヨーク時間午後2時18分現在、金スポット価格は前日比0.2%高の1オンス=1730.41ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は7.40ドル(0.4%)上げて1734.40ドルで終了した。

原題:S&P 500 Posts Best Gain in Three Weeks; Oil Jumps: Markets Wrap(抜粋)

Commodity FX Outperforms; Yen Sinks to 9-Month Low: Inside G-10(抜粋)

Oil’s Most Volatile Week In Months Closes With a Whimper(抜粋)

Gold Pares Weekly Drop as Dollar Wavers and Yield Gains Ebb(抜粋)

◎欧州市況:株は3週間ぶり大幅高、世界的な成長期待-欧州債は反落

  26日の欧州株はストックス欧州600指数が0.9%高と、約3週間ぶりの大幅高となった。新型コロナウイルスのワクチン接種で米国が新たな目標を掲げたことを受け、世界的な成長見通しに対する楽観が強まった。

  バイデン米大統領は就任後100日間でのワクチン接種目標を2億回と、従来目標の2倍に引き上げた。鉱業株は4.1%の大幅高。金属相場の上昇に反応した。石油株やテクノロジー、旅行株も値上がりした。

  欧州債はドイツ債が反落。昨年10月以来最長だった前日までの連騰がストップした。イタリア債も反落。両国債とも薄商いの中で取引終了にかけて下げ幅を縮小した。

  英国債も反落。ベアスティープ化の動きはやや解消した。前日までは昨年10月以降で最長の連騰だった。10年債利回りは週間ベースで年初来最大の下げを記録した。

主要国債の利回り 
ドイツ10年債利回りは3bp上昇のマイナス0.35%
イタリア10年債利回りは3bp上昇の0.61%
フランス10年債利回りは3bp上昇のマイナス0.11%
英10年債利回りは2bp上昇の0.75%

ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)

原題:Europe Shares Rise Most in Three Weeks on Global Growth Bets、Bunds, Italian Bonds Snap Winning Streaks; End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE