コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米ワクチン供給、1億3000万人接種に十分な量達成へ

更新日時
  • ブラジルの1日当たり死者数、過去最高を再び更新
  • シノファーム、全世界で1億回分のワクチン供給

米国は1億3000万人の完全な接種に十分な2億4000万回分の新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの供給を今月末までに受ける。バイデン政権でコロナ対応の調整責任者を務めるジェフ・ザイエンツ氏が26日に明らかにした。ファイザーとモデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の3社が1-3月期の生産目標を達成できる見通しだとした。

  ザイエンツ氏は会見で、来週にはJ&Jから少なくとも1100万回分の供給を受ける見込みだと説明。メーカー3社そろって3月末までの目標を達成できるとの見通しをホワイトハウスが示したのは初めて。

  中国医薬集団(シノファーム)は世界で供給した同社のコロナワクチンが1億回分に達したことを明らかにした。50カ国・地域で接種に使われた。年間の生産能力は今年中に10億回分に拡大し、将来的には30億回分に達するとしている。

  ブラジルでは24時間で新たに3650人のコロナによる死者が報告された。保健省のデータが示した。1日当たりの死者数の過去最高更新はこの1週間で2回目となる。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は1億2600万人を超え、死者は276万人を上回った。ブルームバーグのワクチン・トラッカーによれば、世界全体のワクチン接種は計5億1800万回を突破した。

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-vaccination-inline

  米ニュージャージー州はコロナワクチンの接種対象を4月5日から拡大する。55歳以上や、知的・発達障害のある人、高等教育現場で勤務する人が新たに対象となる。

  フェイスマスクや手指消毒剤、除菌ワイプは医療費として新たに税額控除の対象になると、米内国歳入庁(IRS)が発表した。

  ドイツは、感染者が急増しているフランスへの警戒レベルを引き上げ、水際対策としてフランスからの入国者にコロナ陰性証明を義務付ける。

  トランプ前米政権下で米疾病対策センター(CDC)の所長を務めたロバート・レッドフィールド氏は新型コロナについて、中国湖北省武漢の研究所を起源とし、2019年9月にも感染が広がり始めていたとの見解を示した。

新型コロナ、武漢の研究所が発生源-レッドフィールド前CDC所長

  ニューヨーク州はワクチン接種歴やコロナ検査陰性についての電子証明書を導入すると、クオモ州知事が明らかにした。

  フェイスブックはシリコンバレーのオフィスを5月から順次再開すると明らかにした。カリフォルニア州メンロパークのフェイスブック本社を含む主要拠点は9月の初めまで収容率が50%未満に限定される。

  英コロナウイルス免疫学コンソーシアムの支援を受けてシェフィールド、オックスフォード両大学が中心となって実施した新たな研究では、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したコロナワクチンを1回投与しただけで、99%の人に強力な免疫反応が出たことが分かった。

ファイザー製ワクチン、1回接種だけで「強力な免疫反応」-英研究

  ブラジルのブタンタン研究所が独自のコロナワクチンを開発した。臨床試験を開始して7月までに供給体制を整え、低所得国向けに提供する計画だとしている。

  欧州医薬品庁(EMA)は26日、域内のコロナワクチン生産拠点2カ所に認可を与えた。欧州連合(EU)は遅れているワクチン接種を加速しようとしている。

欧州医薬品庁がワクチン生産拠点2カ所承認、域内の接種加速を図る

原題:U.S. States Widen Access; Worries in Australia: Virus Update;

U.S. Shot Supply To Hit 240 Million Next Week, White House Says;

Brazil Has 3,650 Covid-19 Deaths in 24 Hours, Daily Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE