コンテンツにスキップする

Lブランズが利益予想を再度引き上げ、「異例」な需要で-株価急伸

ランジェリーブランド「ビクトリアズ・シークレット」を傘下に抱える米Lブランズは、2-4月(第1四半期)の利益予想を引き上げた。上方修正は今月に入り2回目。追加経済対策での個人への給付金や活動制限の緩和を背景に、販売が「異例」な伸びを示していることが理由。

  26日の発表資料によれば、Lブランズは第1四半期の利益を1株当たり85セント-1ドルと予想。同社はわずか2週間前に利益見通しを1株当たり最大65セントに引き上げたばかりだった。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想の平均は同52セント。

  この日のニューヨーク市場でLブランズ株は大きく上昇。一時7.9%高となった。年初から25日までで既に60%急伸している。

原題:Victoria’s Secret Owner Boosts Outlook on ‘Unusual’ Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE