コンテンツにスキップする

フィラデルフィア連銀総裁、インフレは目標やや上回る水準で抑制へ

  • インフレ率は2.1%程度への上昇予想-手に負えなくなることはない
  • 債券利回りの上昇は「前向きなサイン」-経済に対する楽観を反映

米フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、米国のインフレ率は金融当局が目標とする2%をやや上回る水準で抑えられるとの見通しを示した。また債券利回りの上昇については、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)からの景気回復について楽観が広がっている明るいサインだと指摘した。

  総裁は26日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで「インフレ率に関するわれわれの予想は徐々に2%に上昇するというもので、今年2%を上回る水準に届かせるのが目標だ。われわれの予想は2.1%程度への上昇で、手に負えなくなるとはみていない」と述べた。

  また米10年債利回りについて触れ、「上昇しているのはある意味で前向きなサインだ」とし、「人々は経済について楽観を強めている」と述べた。ハーカー総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で議決権を持たない。

原題:Fed’s Harker Sees Above-Target Inflation, Optimistic Bond Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE