, コンテンツにスキップする

FRB、大半の銀行で増配と自社株買いの制限を6月末に終了

更新日時
  • 十分な資本を確保しストレステストを通過することが制限緩和の条件
  • JPモルガンやBofA、シティなど大手銀行株、時間外取引で上昇

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米連邦準備制度理事会(FRB)は25日、次回のストレステスト(健全性審査)を十分な資本を確保して通過する米銀に対しては6月末で増配を認めると発表した。新型コロナウイルス禍を受けて昨年導入され金融株の足かせとなってきた規制を終了する方針を示唆した。

  FRBの声明によると、継続中の自社株買い制限措置も審査結果が良好な金融機関を対象に解除される。配当と自社株買いを巡る緊急制限は「大半の銀行」で緩和されることになるとFRBは説明した。

  クオールズFRB副議長(銀行監督担当)は「銀行システムは引き続き強さの源であり、今年のストレステストでその強さが維持された後、正常な枠組みに戻る」と述べた。今回の決定は全会一致で承認された。

  JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカ(BofA)、シティグループ、ウェルズ・ファーゴの4大米銀を含む大手銀行の株価はFRBの発表後、ニューヨーク時間午後6時(日本時間26日午前7時)時点で上昇している。

  昨年6月以降、FRBは金融機関にコロナ禍による経済的打撃に耐え得る十分な資本を確保させるため増配を禁止していた。そのため銀行株のリターンは低下していたが、昨年12月にFRBは自社株買い制限を緩和し、主要行に再開を容認したことから、ここ数カ月は市場全般との差を縮めている。

Bank stocks are closing the gap with the S&P 500 as the Fed lifts curbs

  6大米銀の広報担当者はFRBの25日の発表に関する取材に対してコメントを控えたか、返答していない。

関連記事

原題:Fed to Free Most Banks From Pandemic Dividend Limits June 30 (1) (抜粋)

(FRB副議長の見解や株価の反応などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE