コンテンツにスキップする

バイデン氏、経済再生計画を来週発表-「パラダイム転換」目指す

更新日時
  • 中国の急ペースの投資を念頭、米国の立場強化にインフラ支出拡大へ
  • 31日に予定しているピッツバーグ訪問の際に打ち出す方針-記者会見

バイデン米大統領は25日の記者会見で、米経済の長期的な再生計画を発表する方針を表明した。中間層のための新たな「パラダイム」と、中国に対する米国の立場を強化する投資やインフラ支出の大幅拡大を約束した。

  就任後初の会見に臨んだ大統領は「パラダイムを転換したい。富だけでなく勤労が報われるようにしていく」と述べ、医療支援の拡充のほか、現状で「米国の最富裕層の懐を肥やす」ことにつながっているシステムに対処するための税制改革を示唆した。

  大統領は31日に予定しているピッツバーグ訪問の際に経済再生プログラムを発表するつもりだとコメント。米国のインフラが悲惨な状態にあることを示す一連のデータを列挙し、米国が輸送システムなどの劣化を放置している間に、中国は米国の3倍強のペースで投資を行っていると指摘した。

  バイデン氏によれば、長期計画の要素の1つは科学技術分野への投資加速で、医薬品や人工知能(AI)、量子コンピューターなどへの連邦レベルの支援を約束した。また研究開発支出について、対国内総生産(GDP)比0.7%の現行水準から、2%に引き上げたい考えを示した。

President Biden's News Conference Debut Puts Border, Guns, Covid In Focus

記者会見したバイデン大統領(3月25日)

Photographer: Oliver Contreras/Sipa/Bloomberg

原題:Biden Promises New ‘Paradigm’ in Economic Program Next Week (1)(抜粋)

(最終段落に長期計画に関するバイデン氏の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE