, コンテンツにスキップする

バイデン米大統領、就任後100日のワクチン接種目標を2億回に倍増

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米大統領は新型コロナウイルスワクチンを巡り、4月末までに2億回の接種を実施するという目標を設定した。これまで就任後100日間で1億回という目標を掲げていたが、予定より早く達成したことから2倍に引き上げた。

  バイデン大統領は25日、就任後初となる正式な記者会見で、現在の接種ペースが続けば米国はこの新たな目標を達成できるとの認識を示した。

  ホワイトハウスで会見したバイデン氏は「野心的な目標だということは分かっている」としつつ、「達成可能だと確信している」と述べた。

  現在のペースが続けば、米国ではバイデン氏が大統領就任から100日目を終えるまでに約2億300万回の接種を記録することになる。

関連記事:

原題:Biden Doubles Vaccine Goal to 200 Million for First 100 Days (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE