コンテンツにスキップする

ウォール街の金融機関、SPAC巡りSECからの情報提供要請見込む

ウォール街の大手金融機関は、米証券取引委員会(SEC)が特別買収目的会社(SPAC)市場の監督強化に動くと見込んでいる。

  大手金融機関の幹部らは「ブランクチェック(白地小切手)会社」と称されるSPACを利用した大量の案件の引き受け業務を行う上で生じ得るリスクについて、監督当局から情報提供を求める書簡を受け取ると予想している。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  関係者の1人によれば、当局からの書簡は現時点では実態を把握するための情報提供を求める内容になるとみられているが、そこで当局が得た内容次第でより正式な調査に発展する可能性もあるという。関係者らは情報が公になっていないとして匿名を条件に語った。ロイター通信は先に、SECによるSPACの調査について報じていた

  SECの報道担当はコメントを控えた。

原題:Wall Street Banks Anticipate SEC Inquiries Into SPAC Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE