コンテンツにスキップする

クラリダFRB副議長、米経済のコロナ前水準回復には時間を要する

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米経済成長の加速を金融当局は予測しているが、米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は25日、景気回復は依然として不完全だとの認識を示した。

  クラリダ氏は国際金融協会(IIF)主催のバーチャルイベントで講演。「経済活動と雇用が昨年2月の景気循環ピーク時に優勢となっていた水準を回復するのには、いくらか時間がかかるだろう」と述べた。その上で、「経済回復が可能な限り力強く、速いペースになるのを確実にすべく、任務がしっかりと達成されるまで経済支援のためあらゆる手段を活用することに力を注ぐ」と語った。発言は講演原稿に基づく。

  新しい政策枠組みにおいては「インフレが責務と整合する水準を超えるリスクがあることが他の指標から示されない限り」、失業率が低いことだけで金融政策の引き締めにつながることはないと述べた。

  インフレが2%を上回る場合でも「一時的な現象となり、2022年と23年にはわれわれの中長期目標である2%か、場合によればそれをやや上回る水準に戻る」と見込んでいると、クラリダ氏は述べた。

原題:Clarida Says It Will Take Some Time to Restore Pre-Virus Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE