コンテンツにスキップする

中国でH&Mとナイキ不買広がる、新疆ウイグル巡る姿勢に反発

  • 中国共産党の青年組織がH&Mを批判、「無知で傲慢」と人民解放軍
  • H&M製品、アリババ「天猫」から姿消す-欧米ブランドにジレンマ

中国で事業展開する欧米の小売りブランドが突然、ジレンマに見舞われている。新疆ウイグル自治区生産の綿を受け入れ、欧米で批判にさらされるか、拒否して世界2位の経済大国である中国で不買運動に甘んじるかだ。

  中国共産党の青年組織、共産主義青年団(共青団)は24日、スウェーデンの衣料小売り、ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)を批判。「新疆綿」の生産地である新疆ウイグル自治区で強制労働があるとして懸念を示した日付のないH&Mの発表文を、ソーシャルメディアのユーザーが見つけ出した後のことだった。同社は自治区内の衣類工場と一切取引せず、製品調達も行わないとしていた。

  H&M製品不買の呼び掛けはすぐにスニーカーの米ナイキも標的にし始めた。同社は以前、労働環境を巡る懸念から新疆ウイグル自治区から製品を調達しないと表明していた。H&Mとナイキの中国におけるブランドアンバサダーの間では、ここ数日間で両社との関係解消が相次いだ。

中国、H&M製品の不買をネットで呼び掛け-新疆巡る声明に反発

  共青団はH&Mを微博(ウェイボ)でやり玉に挙げ、「中国で金もうけを望んでいながら誤った臆測を広げ、新疆綿をボイコットするのか。虫がよすぎる」と非難。中国人民解放軍も微博アカウントの一つで、H&Mの発表文は「無知で傲慢」だとこき下ろした。

  H&Mチャイナは24日、同社の世界的なサプライチェーンは政治的な立場を一切反映しておらず、綿をサプライヤーから直接購入することはなく第三者を介していると説明した。

  だが、H&M側のこうした説明は中国国内の反発を止めるには至っていない。アリババグループの電子商取引プラットフォーム「天猫(Tモール)」からはH&M製品が姿を消した。アリババに電子メールでコメントを求めたが返答はなかった。

  中国産の綿は8割以上が新疆ウイグル自治区で生産されている。

Stock investors reward firms using Xinjiang cotton

原題:H&M, Nike Face Boycotts in China as Xinjiang Becomes Wedge Issue(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE