コンテンツにスキップする

バイデン大統領が就任後初の会見へ-銃撃事件や移民、コロナなど焦点

バイデン米大統領は25日午後、就任後初の正式な記者会見に臨む。ジョージア、コロラド両州で最近起きた銃撃事件や、メキシコから米国に不法入国しようとする未成年者の増加、新型コロナウイルス禍への対応などが焦点となりそうだ。

  米東部時間午後1時15分(日本時間26日午前2時15分)から、ホワイトハウスのイーストルームで開催される予定の会見には、記者40人程度が出席する見通しで、全米に生中継される。

  歴代大統領は従来、就任1カ月以内に記者会見を行ってきたが、バイデン政権の場合は大幅にずれ込んだことで、透明性に問題があると批判の声も上がっていた。

President Biden Delivers Remarks On Killing Of 10 People At Colorado Supermarket

バイデン大統領(3月23日)

Photographer: Stefani Reynolds/CNP/Bloomberg

関連記事

原題:Biden’s News-Conference Debut Puts Border, Guns, Covid in Focus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE