コンテンツにスキップする

気候変動の金融リスク、日銀は知見深める必要-黒田総裁

日本銀行の黒田東彦総裁は25日、ストレステストなど気候関連の金融リスクの計測手法について、知見を深めていく必要があるとの見解を示した。日銀主催のイベントであいさつした。

  黒田総裁は、日銀は中央銀行として気候変動問題を「金融システムの安定確保という責務に沿って考えることとなる」と説明。リスクの把握や管理についての取り組みを「一段と加速していく必要がある」とした上で、「金融機関との対話を深めていくことが喫緊の課題」と話した。

  行内にも「気候連携ハブ」という組織横断的な会議体を立ち上げるという。

  黒田総裁によると、気候変動リスクが金融資産の価格に的確に反映された場合、金融機関はリスクを適切にコントロールしやすくなる。関連する取引が増加することで、環境分野での金融仲介機能の向上にも繋がる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE