コンテンツにスキップする

クルーズ船株下落、迅速な運航再開期待散る-CDCの現行方針維持で

24日の米株式市場でクルーズ船運航会社の株価が下落。米疾病対策センター(CDC)がクルーズ船の段階的な運航再開方針を維持し、迅速な運航再開を求める業界の期待は打ち砕かれた。

  カーニバル株は一時上昇する場面もあったが、ブルームバーグ・ニュースがCDCの見解について報じた後、1.9%下落して取引を終えた。同じく一時値上がりしていたロイヤル・カリビアン・クルーズも2.8%下げたほか、ノルウェージャンクルーズライン・ホールディングスは4.9%安となった。

  カーニバルを含むクルーズ船運航会社の主要業界団体クルーズラインズ・インターナショナル・アソシエーションはこの日に声明を発表し、CDCに現行の指示を取り下げ、7月初めまでに米国発のクルーズ船運航再開承認に同意するよう求めていた。しかし、CDCは質問に対する電子メールでの回答で、現行の方針が11月1日まで有効だとし、何も変更しないことを事実上示唆した。

原題:Cruise Stocks Retreat After CDC Dashes Bid for Swift Restart (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE