コンテンツにスキップする

ブラジル大統領のコロナ対応姿勢に変化-感染の猛威で盟友からも圧力

  • 上下両院議長や州知事、最高裁長官を大統領官邸に招いて協議
  • ワクチン接種ペースを短期間で少なくとも3倍に高める-保健相

ブラジルのボルソナロ大統領の新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンに関する発言に変化が表れている。大統領は商業活動の制限措置を巡り州政府などを批判してきたが、コロナの猛威で支持基盤からの圧力が強まる中、議会と最高裁判事、州知事との溝を埋めるため姿勢を転換した。

  ボルソナロ氏は24日、上下両院の議長や最高裁長官など多数の当局者を大統領官邸に招き、コロナのパンデミック(世界的な大流行)への一貫した対応について協議した。同氏は全国放映された23日夜の演説で、迅速に「日常生活を取り戻す」ためワクチン集団接種キャンペーンの実施を表明したほか、ロックダウン(都市封鎖)への批判を避けるなど、より融和的な姿勢を示していた。

Brazil's Lower House Votes On Covid Aid With Fiscal Fix As Pandemic Soars

ボルソナロ大統領

  ボルソナロ氏は24日の会合後に記者団に対し、「この国の全ての指導者と非常に実りのある会合を行った」と説明。「パンデミックの影響を最小限に抑えようという意思と連帯感があり、それは調和を超えるものだった」と述べた。

  同大統領は州政府による商業活動の制限を厳しく批判してきたほか、コロナワクチンの効果に繰り返し疑念を呈し、ワクチン購入を遅らせてきた経緯があり、今回の発言は姿勢の大きな変化となる。大統領のコロナ危機対応に対しては、経済界に加え、ボルソナロ氏の盟友である議会幹部も懸念をあらわにしていた。

ブラジル、銀行やヘッジファンドの最高幹部らがコロナ対策の強化要請

  リラ下院議長は今週に入り、政府のコロナ感染抑制の取り組みが強化されるまでは企業寄りの改革を進めない意向を示していた。リラ氏は地元メディアに対し、「明日どうなるかわからない状況」で、長期的な改革を議論することは「人道的にあり得ない」と述べた。

ブラジルでは1日当たりのコロナ死者数が初めて3000人を超えた

More: https://bloom.bg/3rhN5Ky (Source: Quicktake)

  もう1人の盟友で普段は物腰の柔らかいパシェコ上院議長も批判の声を上げている。ボルソナロ氏を名指しこそしなかったものの、新型コロナを軽視することは「陰惨な中世の冗談」だとしたほか、商業活動やバー、レストランへの制限措置を支持する意向を示した。

  ケイロガ新保健相は24日、ワクチン接種のペースを短期間で少なくとも3倍に高めることに政府はコミットしていると発言。どのようにワクチンを確保するかなど詳細は明らかにしなかった。

原題:Under Pressure, Bolsonaro Pivots on Covid Response in Brazil (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE