コンテンツにスキップする

週740万円の住宅賃貸、ロンドン中心部で印ワクチン会社CEO-関係者

  • セラム・インスティチュートのCEOがポーランドの富豪から賃貸
  • EU離脱とパンデミックで打撃受けたロンドン高級住宅市場に追い風

ワクチン生産世界最大手、インドのセラム・インスティチュート・オブ・インディアの最高経営責任者(CEO)が、ロンドンの高級住宅地メイフェアの物件を週約5万ポンド(約740万円)で借りることで合意した。事情に詳しい2人の関係者が明らかにしたもので、同地周辺では過去最高額だという。

  セラム・インスティチュートのアダール・プーナワラCEOは、ポーランドの富豪ドミニカ・クルチェク氏からメイフェア地区でも指折りの場所に位置する邸宅を借りる。取引は部外秘だとして、関係者が匿名を条件に語った。

Adar Poonawalla

アダール・プーナワラCEO

  この邸宅は約2万5000平方フィート(約2322平方メートル)と近隣地域でも最大級の物件で、英国の平均的な家屋約24軒分に相当する。隣接するゲストハウス1軒と、裏手には住人だけが出入りできる庭もある。

  セラム・インスティチュートの広報担当者は、プーナワラ氏に代わりコメントすることは控えた。クルチェク氏の担当者もコメントしなかった。

  今回の取引は、英国の欧州連合(EU)離脱と新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で打撃を受けているロンドン中心部の高級住宅市場にとって追い風となりそうだ。不動産調査会社ロンレスによると、ここ5年でメイフェア地区の賃貸料は9.2%下がっている。

原題:CEO Rents London Mansion for $69,000 a Week in Mayfair Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE