コンテンツにスキップする

イエレン米財務長官、IMFのSDR増強支持巡り共和党の反発に直面

  • IMF、貧困国のコロナ対応支援でSDRの6500億ドル増強目指す
  • 共和党、ロシアなど敵対国に資金が渡ると懸念強める

イエレン米財務長官は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に立ち向かう貧困国を支援するため国際通貨基金(IMF)が取り組む特別引き出し権(SDR)の大幅増強を支持したことについて、共和党から激しい反発に直面している。

  24日に上院銀行委員会の公聴会に臨んだイエレン長官に対し、共和党のジョン・ケネディ上院議員は、SDRの増強により米国の納税者の資金が中国やロシア、ベネズエラといった敵対国に向かうと指摘。「貧困国を支援したいという話だが、貧困国に向かうのはその約10%にすぎないことはあなたも私も知っている」と述べ、その大部分は米国が悪役と見なしてきた国々の手に渡ると語った。ただ、自身の推定値に関して明確に説明はしなかった。

  IMFは23日、低所得国のパンデミック対策支援に向け、準備資産であるSDRを6500億ドル(約70兆7000億円)増強する案への加盟国の支持確保を目指すと発表していた。

  イエレン長官は先月、トランプ前政権が示していた反対姿勢を転換しており、主要7カ国(G7)は既に支持で合意している。

G7財務相、IMF特別引き出し権の大幅増強を支持-途上国支援

原題:
Yellen Gets Testy With GOP Senator Questioning Over IMF Funding(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE