, コンテンツにスキップする
Photographer: Mikael Sjoberg/Bloomberg
cojp

中国、H&M製品の不買をネットで呼び掛け-新疆巡る声明に反発

  • H&Mは声明で新疆ウイグル自治区を巡る問題に懸念を表明
  • 声明は「無知で傲慢」、共青団や人民解放軍がウェイボで一斉批判
Pedestrians, wearing protective face masks, pass a Hennes & Mauritz AB (H&M) store in Stockholm, Sweden, on Monday, Jan. 18, 2021. Sweden's Prime Minister Stefan Lofven has said he can’t rule out further restrictions under a temporary new law to combat the spread of the coronavirus pandemic.
Photographer: Mikael Sjoberg/Bloomberg

スウェーデンの衣料小売り、ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)が中国の新疆ウイグル自治区を巡る問題に懸念を示したことに中国のネットユーザーが反発し、H&M製品の不買運動を呼び掛けた。

  H&Mが新疆ウイグル自治区で生産される「新疆綿」の調達を停止したことを声明で明らかにすると、中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」のユーザーは同社に矛先を向けた。H&Mは発表文で、同自治区について「強制労働や民族・宗教的マイノリティーに対する差別の告発を含む複数の市民団体の報告やメディアの報道を受け、当社は深く懸念している」と表明した。

  H&Mチャイナは24日、同社の世界的なサプライチェーンは政治的な立場を一切反映しておらず、綿をサプライヤーから直接購入することはなく第三者を介していると説明した。

  北京時間24日夕方の時点で、H&Mがこれまで商品を販売していたアリババグループのショッピングサイト「淘宝(タオバオ)」ではH&M製品が購入できなくなった。

  中国共産党の青年組織、共産主義青年団(共青団)はウェイボでH&Mをやり玉に挙げ、「中国で金もうけを望んでいながら誤った臆測を広げ、新疆綿をボイコットするのか。虫が良すぎる」と非難。人民解放軍もウェイボのアカウントの一つで、H&Mの発表文は「無知で傲慢」だとこき下ろした。

原題:H&M Slammed on China’s Social Media Over Cotton Comment (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE