, コンテンツにスキップする

米10年債利回り3%到達なら全てが一変する-豪最大の年金基金

  • 豪年金基金の責任者、3%は経済成長を危機にさらす水準と指摘
  • 国債保有を一段と縮小、バリュー株にシフト-アストリ氏

オーストラリア最大の年金基金、オーストラリアンスーパーの投資戦略の中核をなす見方が一つあるとすれば、それは米国債利回りにまだ一段の上昇余地があるということだ。

  米国債からの資金流出は10年債利回りが3%程度に到達するまで続く見通しだと、オーストラリアンスーパー(運用資産2100億豪ドル=約17兆3200億円)の資産配分責任者、カール・アストリ氏が指摘。これは経済成長を危機にさらし、米金融当局に対応を余儀なくさせるのに十分な高い水準だという。アストリ氏は国債保有を一段と縮小しているほか、株式はバリュー銘柄にシフトしている。

  同氏は「債券利回りは、何かに打撃を及ぼし、借り手に痛みを与えるまで上昇するだろう」と指摘。 「現時点では、少なくとも景気サイクルの標準的な拡大段階に入っていると想定しているが、にわか景気や過熱の局面に入っている可能性も高い」と述べた。

The bond rout has so far only slowed equity gains

  世界各国・地域の政府が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を乗り切るために刺激策を拡大する中、市場にとって最大の問題の一つは、投資家に債券回帰を促すほど魅力的な水準に利回りがいつ上昇するかだ。

  アストリ氏はそうした転換点に達するには、あと100ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)程度の上昇が必要ではないかと考えている。同氏は金融サービス業界に入る前のキャリア初期にイングランド銀行(英中央銀行)に勤務した経験がある。

Less Debt

AustralianSuper is underweight bonds, overweight stocks and cash

Source: AustralianSuper

Note: Represents asset allocation of default investment option

原題:
Pensions Giant Says Treasury Yields at 3% Will Change Everything(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE