, コンテンツにスキップする

債券市場のインフレ懸念は去らず、投資家はボラティリティーに注目

  • 投資適格級債券の指標は年初来約3.7%低下
  • 向こう10年の期待インフレ率は先週、約2.3%と13年以来の高水準に

世界の国債と社債の年初来のパフォーマンスは今世紀に入って最悪となっている。インフレ復活見通しが市場を一段と不安定にした。

   さまざまな通貨建ての投資適格級債券の指標であるブルームバーグ・バークレイズ指数は年初来約3.7%低下。低下率は2009年や昨年よりも大きい。

Deepening Pain

Government, company bond losses in 2021 surpass bad starts in previous years

Source: Bloomberg Barclays Indexes

  1兆9000億ドル(約206兆円)規模の米追加経済対策の成立と世界の多くの中央銀行による低金利維持宣言、新型コロナウイルスワクチン接種進展を受けた制限措置緩和と世界経済回復の兆候が重なり、インフレ加速への懸念が高まった。

  今週は米国債利回りが低下しているが、ここ数週間の兆候は市場の懸念が続く可能性を示唆している。市場が示す向こう10年の期待インフレ率は先週、約2.3%と2013年以来の高水準に達した。

Yields, breakeven rates have jumped in 2021

  安心感を求める投資家は債券市場のボラティリティーの指標を注視し、極端な動きが収まるまでの間、債券ポートフォリオのデュレーション縮小を進めている。

  債券版の恐怖指数とされるMOVE指数の今月の平均は昨年4月以降で最高となっている。

MOVE Index remains elevated but has begun to cool

  ドイツの運用会社ユニオン・インベストメント・プリバトフォンズの新興市場債シニアポートフォリオマネージャー、セルゲイ・デルガチェフ氏は「市場を落ち着かせ、センチメントを改善させるためには、金利が数日間一定水準にとどまる必要がある」と話した。

Longer Hurts

Losses have worsened also in the belly of the curve in the past month

Source: Bloomberg

The peak-to-trough decline in long-term U.S. bond returns is the biggest on record

Lock It In

Corporates sell record debt in 2021 as they fund before costs climb more

Source: Bloomberg

Note: Year-to-date issuance for 2021 and comparable periods for past years

Asian junk dollar bonds outperform U.S. peers and high-grade debt

原題:Worst Bond Losses in Decades Show Volatility Starts to Sting (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE