, コンテンツにスキップする

ロビンフッドが米国でIPOへ、非公開の形で申請-関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

株取引アプリ運営の米ロビンフッド・マーケッツが米証券取引委員会(SEC)に対し、新規株式公開(IPO)の申請を非公開の形で行った。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  上場計画は変更され得るものの、ロビンフッドはIPOを推進する意向だという。情報の非公開を理由に関係者が匿名で語った。

  ブルームバーグ・ニュースは先月、ロビンフッドが3月にもIPOを申請する計画だと伝えていた。複数の関係者が今月語ったところによれば、ロビンフッドは上場先ナスダックを選んだ。

  ロビンフッドの担当者はコメントを控えている。

  同社の取引アプリは、新型コロナウイルスの感染拡大で自宅待機を余儀なくされた若者を中心に大きな人気を集めた。

関連記事

ロビンフッド、現金給付を狙い投資勧誘か-最大250ドルのボーナス付与

ロビンフッドの本質はギャンブル、汚いやり方に手染めた-マンガー氏

ロビンフッドとシタデル幹部が議員と論戦、取引制限巡り-公聴会

ロビンフッドに顧客怒る-納税申告に必要な書類、期限までに届かず

原題:Robinhood Is Said to Have Filed Confidentially for U.S. IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE