コンテンツにスキップする

スペイン中銀、今年のGDP予測引き下げ-EU復興基金の遅れを指摘

スペイン銀行(中央銀行)は23日、今年の経済成長率見通しを下方修正した。1ー3月(第1四半期)の景気が予想以上に弱く、欧州連合(EU)の復興基金を巡る進展が遅いことが、景気回復のペースを下押しすると予想した。

  同中銀は原油高や若干のユーロ高、長期金利の上昇も基本シナリオの下方修正につながったと説明した。2021年の国内総生産(GDP)予想は6%増と、従来の6.8%増から引き下げられた。

原題:Bank of Spain Cuts Outlook as EU Aid Slower Than Expected (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE