, コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資のコンパス、IPOで100億ドルの価値目指す

ソフトバンクグループが出資する米不動産仲介会社コンパスは、最大9億3600万ドル(約1020億円)規模の新規株式公開(IPO)を目指している。

  23日のコンパスの届け出によれば、IPO価格の条件レンジは23-26ドルで、その上限に決まった場合、同社の企業価値は約103億ドルとなる。

  コンパスはゴールドマン・サックス・グループ出身のロバート・レフキン氏が率いる。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の中で米国では住宅需要が高まっており、コンパスもコロナ禍で株式上場を目指す不動産テクノロジー新興企業の1社となった。

  コンパスはソフトバンクGのビジョンファンドからの数億ドル規模の出資を含め15億ドル強を調達しており、2019年の資金調達ラウンドでは企業価値は64億ドル相当と評価された。  

原題:SoftBank-Backed Compass Targets $10 Billion Valuation in IPO (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE