コンテンツにスキップする

欧州市場で過去最速ペースの債券発行、年初来で5000億ユーロ突破

  • EUによる130億ユーロのソーシャルボンドが全体の発行額押し上げ
  • 信用市場は底堅い地合いを維持-HSBCのカニフェ氏

欧州債券市場が世界の資金調達の場として確固たる地位を築いている。年初来の債券発行額は5000億ユーロ(約64兆5000億円)を超えており、過去最速のペースとなっている。

  欧州連合(EU)が23日に130億ユーロ相当のソーシャルボンド2本を発行し、域内の債券発行額が節目を突破した。ブルームバーグがまとめたデータによれば、年初からの発行額は昨年の同時期を少なくとも17%上回っている。昨年、発行規模が5000億ユーロに達したのは3月31日だった。

  HSBCホールディングスのコーポレートシンジケート担当ディレクター、ジェームズ・カニフェ氏は「金利もしくは株式のボラティリティーという逆風が吹いているにもかかわらず、信用市場は底堅い地合いを維持している」と指摘した。他の市場で見られたボラティリティーが信用市場に波及するのを抑制する上で、中央銀行の金融緩和措置が効果的な安定装置として機能したことも示されたという。

Debt Deluge

New bond sales in Europe exceed EU500 billion at fastest pace ever

Source: Bloomberg

Note: Data comprises publicly syndicated EUR, GBP and Reg S only USD debt sales in Europe

  インフレ加速が新型コロナウイルス禍からの景気回復に混乱をもたらし、利回りを押し上げる可能性があるとの懸念が高まっているが、欧州中央銀行(ECB)は政策金利を低く抑え、緩和策を維持する方針を明確に示しており、借り手はこのECBの保証を元に債券を発行してきた。特に政府はコロナ禍での経済支援策の資金を確保しようと、借り入れを増大させている。

原題:Europe’s 2021 Bond Deals Hit Half Trillion Euros in Record Time(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE