コンテンツにスキップする

メルケル独首相、復活祭期間中の厳格なロックダウンで州首相らと合意

  • 全ての店舗が4月1日から5日間閉鎖-食料品店は3日のみ営業
  • 外出自粛要請、集まりは2つの世帯まで人数は5人までに制限

ドイツのメルケル首相と州首相らは、新型コロナウイルスの「第3波」急拡大に対処するためイースター(復活祭)期間中に厳格なロックダウン(都市封鎖)を実施することで合意した。

  全ての店舗が4月1日から5日間閉鎖される。食料品店は4月3日のみ営業する。メルケル首相が州首相らとの11時間を超えるビデオ会議後に発表した。国民は外出自粛を求められ、集まりは2つの世帯まで、人数は5人までに制限される。

Chancellor Merkel Addresses Bundestag As Germany Considers Lockdown Extension

メルケル首相

  ドイツの感染増加ペースはここ1カ月にほぼ倍増、医療を圧迫するリスクが生じ、新型コロナの封じ込めに向けた欧州の苦境を浮き彫りにしていた。

  現行のロックダウン措置は4月18日まで延長される。必需品以外の店舗の部分的閉鎖やホテル、レストラン、ジム、カルチャーセンターの閉鎖が含まれる。

  3月初めに合意された経済を慎重に再開していく計画は延期された。4月12日に再び会合を開き、事実上約4カ月続いている部分的ロックダウンをどうするか協議する。

  メルケル首相はまた、欧州連合(EU)は全般的なワクチン輸出禁止講じるべきでないと述べた。

Resurgent Outbreak

Germany's coronavirus spread has accelerated in recent days

Source: Robert Koch Institute

Debt Race

Germany's debt has jumped but is still lower than other G-7 countries

Source: German Finance Ministry

原題:Merkel Agrees Radical Easter Lockdown to Check Covid Surge (1)、Merkel Says EU Shouldn’t Impose a General Vaccine Export Ban(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE