コンテンツにスキップする

UBS、罰金・賠償金が約3900億円に減額も-顧客資産巡る仏訴訟

  • 顧客資産隠しのほう助を巡る訴訟の判決を不服としてUBSが上訴
  • 2019年2月に有罪判決、計45億ユーロの支払いを命じられていた

フランスの検察当局と政府は仏顧客の資産隠しをほう助したとしてスイスの銀行UBSグループを訴えた訴訟の上級審で、同行に30億ユーロ(約3900億円)の支払いを求める命令を裁判所に求めた。これは当初の命令を33%下回る金額だ。

  検察側はパリの控訴院に対し、破棄院(最高裁に相当)の最近の判例に留意した上で、20億ユーロの罰金を科すよう求めた。原告団の一角であるフランス政府も、これとは別に10億ユーロの賠償金を求めている。

  UBSは2019年2月、顧客資産隠しのほう助で有罪判決を受けて罰金と賠償金、計45億ユーロの支払いを命じられたが、その後、上訴していた。控訴院の判決は数カ月後になる見通し。

UBS、フランス富裕層顧客の資金隠しで有罪-5650億円の罰金

原題:UBS Faces $3.6 Billion Bill Even as French Seek Tax-Fine Cut (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE