, コンテンツにスキップする

バイデン政権、最大330兆円の長期経済プログラム検討中-関係者

更新日時
  • 週内にバイデン大統領に提示される見通しだと関係者語る
  • 4000億ドルのグリーン支出や増税案なども盛り込まれる可能性

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米政権は最大3兆ドル(約330兆円)規模の長期経済プログラムを検討している。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。今月成立した1兆9000億ドル規模の新型コロナ対策に続く経済計画となる。

  この議論が非公開であるとして関係者の1人が匿名で明らかにしたところでは、週内に同案はバイデン大統領に提示される見通し。

  これまでは、策定中の同プログラムの柱はインフラおよび気候変動とされてきた。関係者2人によると、バイデン政権は環境に配慮したいわゆるグリーン支出として4000億ドル相当を視野に入れている。

  マイノリティーの授業料引き下げやヘルスケアの取り組みなど、人的資本への投資も盛り込む計画だと関係者1人は明らかにした。別の関係者によれば、育児や高齢者向け資金も検討中だという。

  新型コロナ禍に対応する経済対策案と異なり、長期経済プログラムには歳入増の取り組みも含まれる見込み。政権スタッフによると、法人と富裕層への税率引き上げを中心に1990年代以来の大型増税となる可能性がある。

  米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)とワシントン・ポストは先に、米政権が3兆ドル規模のプログラムを検討しており、2つの包括案に分割される可能性が高いと報じていた。

  ホワイトハウスのサキ報道官は22日、同プログラムの案が「間もなく提示されるため、バイデン大統領は今週、選択肢の内容や規模、範囲などをチームと話す」と説明した。

  エコノミストの間では、プログラムの規模は2兆ドルから4兆ドルのレンジと見込まれていた。関係者によると、総額に関してはまだ最終決定されていないという。

  バイデン大統領は4月に上下両院合同会議で、自身が掲げる「ビルド・バック・ベター(より良き再建)」プログラムへの支持を訴える見通し。

原題:Biden Team Weighs Next Economic Plan of Up to $3 Trillion (2) (抜粋)

(ホワイトハウス報道官のコメントなど追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE