, コンテンツにスキップする

パウエル議長、デジタル通貨創設は急ぐ必要ない-金融システムに重大

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、デジタル通貨の創設は金融システムにとって重大な一歩であり、慎重に準備する必要があると述べた。他国の金融政策当局者も同様の見解を既に示している。

  パウエル氏は国際決済銀行(BIS)が22日主催した行事で、法定通貨のデジタル版「デジタルドル」について、「われわれは技術的な課題、想定され得る負担や利益を理解する上で最先端を行くべきである」と述べた上で、「この計画を急ぐ必要はない」と言明した。

Digital Ambitions

Central banks are at varying stages of developing digital currencies

Source: Bloomberg

  同イベントに出席したドイツ連邦銀行(中銀)のワイトマン総裁は、中銀が発行するデジタル通貨は銀行の取り付け騒ぎが発生するリスクを高める恐れがあると指摘。金融当局は民間部門を「締め出す」べきではないと述べた。

原題:Fed’s Powell and Peers Aren’t Rushing Into Digital Currencies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE