コンテンツにスキップする

米中古住宅販売、6カ月ぶり低水準-在庫が前年比で約30%減少

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した2月の中古住宅販売件数は減少し、6カ月ぶり低水準。在庫が前年同月比で最も大幅に減少し、価格上昇に拍車を掛けたことが買い手控えにつながった。

キーポイント
  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比6.6%減の622万戸
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は649万戸
    • 前月は666万戸と速報値から下方修正
  • 中古住宅在庫は103万戸、前年同月比29.5%減と過去最大の落ち込み
  • 中古住宅価格(季節調整前、中央値)は前年同月比15.8%上昇し31万3000ドル(約3400万円)-2月としては過去最高
U.S. existing homes sales fall amid inventory shortage

インサイト

  • 春季の住宅販売シーズンが迫る中、在庫の低さが一因である販売希望価格の上昇と、住宅ローン金利の上昇とで、値ごろ感が低下している
  • NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏:
    • 「販売件数が減る中でも、販売に要する日数は少なく、価格も力強い上昇を見せているという現状は、需要が消失しているわけではないことを示唆する」
    • 「とにかく在庫が不足している」

詳細

  • 販売に対する在庫比率は2カ月-前年同月は3.1カ月
  • 販売は悪天候の影響が最も大きかった南部(6.1%減)や中西部(14.4%減)で減少。北東部も11.5%減とマイナス。西部は4.6%増
  • 一戸建ての販売は前月比6.6%減、コンドミニアム販売は同6.7%減
  • 販売に要する日数は20日-前年同月は36日
    • 2月に販売された住宅の74%は1カ月未満で販売に至った
  • 統計表

原題:Sales of Previously Owned U.S. Homes Decline to Six-Month Low(抜粋)

(統計の詳細を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE