コンテンツにスキップする

ECB、PEPP購入ペースをついに加速-利回り上昇に対応示す

更新日時
  • 先週の純買い入れ額は211億ユーロ、昨年12月初め以来の規模
  • ラガルド総裁:市場環境の変化に対応して購入ペースを随時調整

欧州中央銀行(ECB)はパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の購入ペースを加速させるという約束をついに果たした。景気回復を脅かす利回り上昇に対処した。

  ECBがPEPPの枠内で先週決済した純買い入れ額は211億ユーロ(約2兆7400億円)と、昨年12月初め以降で最も多かった。この額は償還分が差し引かれており、購入総額は23日に発表される。

  

ECB increased the pandemic bond buying rate last week, capping higher yields

  ECBのラガルド総裁は22日にブログへの投稿で、目先の見通しは引き続き不透明だとし、有利な金融環境の維持に努めるとあらためて表明した。

  「市場環境が変化する場合には、それに対応して購入ペースを随時調整するという選択肢を保持する」と説明。「これまでに大きな進展があり、トンネルの先の明かりが視界に入ってきたが、自己満足に陥るわけにはいかない」と戒めた。

関連記事:ECB、異例の金融緩和の解除開始を年内に協議可能にも-クノット氏

原題:
ECB Finally Boosts Bond-Buying After Pledge to Fight Yield Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE