コンテンツにスキップする

アストラゼネカの米コロナワクチン臨床試験第3相、有効性79%

  • 3万人余りを対象とした試験、被験者のほぼ4分の1が高齢者
  • 重症化と死亡、入院を防ぐことでは100%の効果が示された

英国のアストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンは、米国での臨床試験第3相で有効性79%との結果が示された。

  アストラゼネカは22日、3万人余りの被験者を対象とした試験の最初のデータを発表した。昨年の試験では65歳超の被験者が少なく、この年齢層に対する効果を判定するデータがなかったが、今回は被験者のほぼ4分の1が高齢者だった。

  今回の試験で、重症化と死亡、入院を防ぐことでは100%の効果が示された。

  昨年の英国とブラジルでの試験では、投与量と投与方法がさまざまだったため結果に幅があった。欧州連合(EU)の少なくとも10カ国は当初、65歳未満に対象を絞って同ワクチンを承認。その後、実際に接種が進むにつれ、高齢者に対し高い効果を示すデータが得られ、多くの国が65歳以上の高齢者も対象に含める方針に転換した。

原題:Astra-Oxford Vaccine Prevents 79% of Covid Cases, U.S. Data Show(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE