, コンテンツにスキップする

中国経済への流動性供給、余地はまだある-人民銀の易総裁

  • 中国のマクロレバレッジ比率は引き続き安定
  • 外国準備高を用いたグリーンボンド投資増やす

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は21日、中国経済のレバレッジ比率を安定的に維持しながら、流動性を供給する余地がまだあるとの認識を示した。

  易総裁は北京で開催された中国の発展に関するフォーラムで、中国のマクロレバレッジ比率、つまり国内総生産(GDP)に対する債務総額について、引き続き安定していると指摘。「このことは経済の担い手に前向きなインセンティブを提供するだけでなく、金融リスクを引き起こす可能性の小さい環境づくりに寄与する」と述べた。

  中国の金融政策は通常の範囲内で、金利を抑制する豊富な手段を備えているとも説明。中国金融政策の枠組みは気候変動も考慮しており、外国準備高を用いたグリーンボンド(環境債)投資を増やし、高炭素資産に関しては上限を課すと話した。

原題:China Still Has Room to Provide Liquidity to Economy: PBOC Chief(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE