コンテンツにスキップする

マスク氏、テスラ車のスパイ活動利用を否定

  • 中国の軍関連施設への乗り入れ禁止措置を受けてコメント
  • スパイ関与ならテスラの事業は全地域で閉鎖されるだろう-マスク氏

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は20日、中国国務院の傘下部門が主催した「中国開発フォーラム」にオンラインで参加し、同社の自動車技術がスパイ活動に利用されることは決してないと強調した。

  マスク氏は「営利企業がスパイ活動に関わったとすれば、会社に与える悪影響は非常に大きい」と指摘。「例えば、テスラが中国を含むいかなる国・地域で自社の車をスパイ活動に使ったとすれば、われわれの事業は全ての地域で閉鎖されるだろう。いかなる情報についても秘密を厳しく守る強力なインセンティブが働いている」と述べた。

  これに先立ち、ブルームバーグは中国当局が車両搭載のカメラによって機密情報が収集されているとの懸念を理由に、軍の施設や軍関係者の居住地へのテスラ車の乗り入れを禁止したと伝えていた。

テスラ車、中国軍が施設への乗り入れを禁止-カメラで情報収集と懸念

原題:Musk Says Tesla Would Be Shut Down If Cars Used for Spying (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE