コンテンツにスキップする

米中双方が次の一手探る局面に-バイデン政権初の外交トップ会談受け

  • 「われわれの現在の立ち位置を評価する」とサリバン米大統領補佐官
  • 会談は率直かつ建設的で有益だった-中国の楊潔篪共産党政治局員

米中外交トップがアラスカ州アンカレジで18、19両日に行った会談は、辛辣(しんらつ)な批判と非難の応酬となった。

  米国はバイデン政権発足後初の対中協議を意見交換の良い機会と位置付けていた。だが、関税問題や新疆ウイグル自治区と香港の人権、サイバー攻撃、米証券取引所での上場廃止の危機に直面している中国企業といった一連の懸案について、明確な道筋を見いだすことはできなかった。

  気候変動対策でバイデン大統領と中国の習近平国家主席によるバーチャル形式の会談を計画するなどして、米中が対立姿勢を緩める用意が確かな形で示されることを期待していた両国の当局者や産業界にとって、失望すべきものと受け止められそうだ。結局、双方がバーチャルの首脳会談開催で合意することさえなかった。

  中国側との会談後、ブリンケン米国務長官とともに姿を現したサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は、「われわれははっきりと目を見据えて会談に臨み、それを終えた。ワシントンに戻りわれわれの現在の立ち位置を評価する」と語った。両氏とも記者団の質問は受け付けなかった。

US-POLITICS-DIPLOMACY

ブリンケン国務長官(左)とサリバン大統領補佐官(3月19日)

  中国の楊潔篪共産党政治局員は同国記者団に対し、会談は「率直かつ建設的で有益だった」とした上で、「双方の間にはまだ幾つかの重要な相違がある」と付け加えた。

  楊氏は「中国として国家の主権と安全保障、利益を守っていく」とも発言。何らかの救いがあるとすれば、会談初日の冒頭に同氏が20分にわたって行った辛辣な対米批判に比べ、敵対的な口調が和らいだ点だろう。

原題:
U.S. and China Must Figure Out What’s Next After Talks Clear Air(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE