, コンテンツにスキップする

リッチモンド連銀総裁、米国債利回り上昇は経済見通し改善を反映

米リッチモンド連銀のバーキン総裁は19日、このところの米国債利回り上昇について、経済見通しの改善を反映したものだとの考えを示した。

  バーキン総裁はCNBCとのインタビューで、日々の取引で利回りが上昇したケースの大半は、新型コロナウイルスワクチンの接種であれ財政刺激策であれ、インフレ期待の高まりであっても、「経済を巡る楽観に関係があるように見受けられる」と指摘した。

  総裁はまた、「経済には現在かなりの勢いがあって、累積需要が解き放たれ、ワクチン接種が進むことで、今夏と今秋は極めて力強い足取りになるだろう」と予想。「若干の金利上昇に耐えられるほど経済は力強さを取り戻すだろう」と語った。

  その一方で、「神経質にさせる要因としては、市場の機能が考えられる。米国債市場が正常に機能していないと判断すれば、多少不安になるだろう」と話した。バーキン総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権メンバー。

原題:Fed’s Barkin Says Rising Treasury Yields Reflect Optimism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE