コンテンツにスキップする

米中外交トップの会談が終了、具体的な成果の発表はなし

米中両国の外交トップによる直接会談が19日に終了した。米国としてはバイデン政権発足後初の中国との対面協議となったが、具体的な成果の発表はなかった。

  サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)はアラスカ州アンカレジで行われた会談の終了後、「さまざまな問題について厳しい、そして率直な協議が行われると予想していた。実際にその通りの協議となった」と説明。「われわれは明敏な意識を持って協議に臨み、その明敏な意識のまま協議を終了した。これからワシントンに戻り、現状の評価を行う」と述べた。

  またブリンケン国務長官は、米中が北朝鮮やイラン、アフガニスタン、気候変動などの問題について協議したと語った。

  一方、中国国営の新華社通信によれば、同国の楊潔篪共産党政治局員は会談について率直で建設的だったと評価した。

原題:U.S., China End Testy Alaska Meeting Without Any Announcements(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE