, コンテンツにスキップする

FRB、銀行配当規制の対応検討へ-コロナ禍の資本優遇終了で焦点に

米連邦準備制度理事会(FRB)が今後も銀行の配当を規制し続ける理由は、ほぼなくなる可能性がある。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、当局が大手銀行向けに打ち出した資本優遇策が間もなく終了するためだ。

FRB、補完的レバレッジ比率の条件緩和措置を3月末で打ち切り (1)

  コロナ禍の中、金融業界は経済危機で想定される損失に備える必要があるとして、当局は大手行の自社株買いを禁止し、配当を制限してきた。このうち自社株買いについては再開をすでに承認しているが、配当は今も規制している。

  しかし当局は今回の補完的レバレッジ比率(SLR)条件緩和措置の打ち切りを決める上で、金融業界には十分な資本があるとの判断を示した。従って、配当制限は今後どうするのかとの疑問が生じる。

  パウエルFRB議長は今週、配当についてはまだ決定していないと述べ、「2-3週間先に」何かしらの発表があるとしていた。

  カウエンのアナリスト、ジャレット・サイバーグ氏はFRBが年内に通常の資本配分を再び銀行に認める可能性があるとみている。

原題:Fed to Weigh Bank Dividends After Ending Covid Capital Break (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE