, コンテンツにスキップする

ロシア中銀が予想外の利上げ、政策金利4.5%に-追加利上げも視野

ロシア中央銀行は予想外の利上げを発表した。予想以上のインフレ加速や、米国の制裁強化に対する懸念から通貨ルーブルが下落していることが考慮されたとみられる。

  19日の発表によると、ロシア中銀は政策金利の1週間物レポ金利を4.5%と、従来の4.25%から引き上げた。同中銀の利上げは2018年以来。ブルームバーグのアナリスト調査で利上げの予想は3人にすぎず、38人は据え置きを見込んでいた。

  ブラジルやトルコなど新興国では金融政策の引き締めが続いていた。また、ロシアのインフレ率は2月に5.7%とほぼ4年ぶりの高水準に達し、中銀目標の4%を大きく上回った。

  ロシア中銀は発表文で、「実際のインフレとインフレ期待の動きを考慮しつつ、中立的な金融政策に回帰するスケジュールとペースの判断を続けていく」方針を示し、今後数回の会合の一つで追加利上げを実施する可能性を見込んでいることを明らかにした。

原題:
Russia Surprises With Key-Rate Hike, Joining Emerging Markets(抜粋)

Bank of Russia Sees Rate Hike Possible at One of Next Meetings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE