コンテンツにスキップする

米国債先物のショートポジションが拡大、債券市場の波乱要因

  • 10年債米国債先物の建玉が増加、新たなショートポジション示唆
  • 18日は10年物利回りが11bp上昇の1.75%に達した

先物が再び米国債の売りを18日に引き起こしたことを受け、大規模なショートポジションが原因だった証拠が積み上がりつつある。

  暫定データによると、10年物米国債先物の建玉は約15万枚増えた。価格の動きと相まって、新たなショートポジションが追加されたことが示唆される。

Treasury futures open interest climbs to highest in over a year

  17日の米連邦準備制度当局者のハト派発言を受けて落ち付いていた米国債市場では、18日に欧州時間の取引が始まるころから売りが膨らみ10年物利回りは11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.75%に達した。

  米国債の売りの大きな部分が米国の取引時間外に起こるのは、ここ1カ月の傾向だ。  

It's Not You, It's Me

Bulk of Treasury selloff has been through Tokyo, London session

Source: Bloomberg

  主要な債券市場全体で、建玉はパンデミック前の水準をはるかに下回っている。流動性枯渇がベーシス取引の解消やマージンコールによる債券先物ポジション縮小につながり、昨年3月に急減していた。

原題:Short Bets Build in Treasuries Futures Causing Chaos for Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE