, コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、グリーンシルへの債権額は11億5000万ドル-関係者

ソフトバンクグループグリーンシル・キャピタルへの債権額が11億5000万ドル(約1253億円)であることが、事情に詳しい複数の関係者への取材で分かった。

  管財人のグラント・ソーントンが19日の電話会議の後に発表した資料によると、債権者の請求総額は17億5000万豪ドル(約1480億円)超となった。次回の債権者集会は4月22日に予定されており、グリーンシルの今後について意思を示す機会になるという。

  オーストラリアで開催されたグリーンシルの初の債権者集会には59の債権者が出席し、55分で終了した。この電話会議には、ドイツの銀行協会のほか同国やオーストラリアの証券当局も出席していた。

  金融ベンチャーのグリーンシルは先週、英国で再建型倒産手続きを申請した。クレディ・スイス・グループやソフトバンクなどグリーンシルを支えた企業も、同社が提供する融資を疑問視する動きがあった。

  ソフトバンクGに電話取材を試みたが現時点で回答を得られていない。

  グラント・ソーントンによれば、従業員を除く約34人の個人債権者から債権の請求があり、今後追加の請求があることも見込まれているという。

原題:
SoftBank Is Said to Seek $1.2 Billion In Greensill Collapse(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE